ads.txtの編集方法

ラッコサーバーでは、Googleアドセンスなどの広告配信に使用するads.txtを簡単に編集できる機能を提供しています。この記事では、ads.txtの編集方法を説明します。

ads.txtとは
ads.txtはGoogleアドセンスなどの広告配信を行う際に必要な設定です。広告詐欺を防止するために考案された認証システムであり、オンライン広告(プログラマティック広告)を配信する際に設定を求められる場合があります。
STEP.1
ドメイン管理/追加

サーバー管理画面から、対象ドメインを管理しているサーバーアカウントの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
ads.txt編集

対象ドメインをクリック>「ads.txt編集」をクリックします。

STEP.3
編集を行う

広告プラットフォームから指定されたテキストを記入してください。

確認URLをクリックすると、現在のads.txtを開いて確認することができます。※「保存」を押すまでフォームの記入内容は反映されません。

記入が終わったら、「保存」をクリックします。

Googleアドセンスのads.txt記入内容

Googleアドセンスにおける記入内容は下記をご参照ください。

STEP.4
編集完了

「ads.txtの保存に成功しました。」と表示が出たら、変更は完了です。

STEP.1
ファイルマネージャーを開く


サーバー契約一覧から対象サーバーの操作欄をクリックし、「ファイルマネージャー」を選択します。

STEP.2
ads.txtファイルを編集する

ads.txtはドメインのルートディレクトリ内に配置してあります。(例:public_html/ドメイン名/ads.txt)

ファイルマネージャー上でファイルの編集を行うには、ファイルをクリックした後画面右上の「編集」をクリックします。

MEMO
自身のPCにファイルマネージャーからダウンロード・任意のテキストソフト(メモ帳など)を使って編集を行ってから、再度上書きアップロードする方法でも問題ありません。

エンコードの確認ダイアログが表示されますので、「Edit」をクリックします。

STEP.3
編集画面

広告プラットフォームから指定されたテキストを記入してください。

編集が終わったら「変更の保存」をクリックします。

STEP.4
変更完了

画面右下に「成功しました。」のメッセージが出たら変更は完了です。

編集画面右上の「閉じる」を押すか、タブをそのまま閉じて終了してください。