DNSレコードの設定方法

ラッコサーバーに設定されているドメイン名は、DNSをご利用いただくことができます。

注意
対象ドメインにラッコサーバー指定のネームサーバー情報が設定されている必要があります。(ドメイン名とDNSの紐付け)

ラッコサーバー利用上で必要なDNSレコードは編集不可能ですが、新たにDNSレコードを追加いただくことができます。
※サーチコンソールなどのドメイン認証を行う際にTXTレコードを追加するなど

DNSレコードの設定手順

STEP.1
DNS編集画面へアクセス

マイページのサーバー契約一覧>「ドメイン管理/追加」をクリックします

DNSを設定したいドメイン名のDNS欄をクリックします

STEP.2
レコードを追加する

TYPEを選んで値を入力し、「追加」でレコードを追加します。
STEP.3
設定反映

設定するレコードを全て追加し終わったら、最後に「DNSレコード変更」をクリックします
追加したレコードを削除したい場合
追加したレコードの右端のゴミ箱をクリックし、最後にDNSレコード変更を押してください。

入力項目の説明

タイプ

設定するレコードの種別を選択します。

選択対象:A/AAAA/ALIAS/CAA/CNAME/MX/SRV/TXT

ホスト名

ホスト名を入力します。(xxx.rakkoserver.comの場合はxxxのみ)

A/AAAA/ALIAS/CAA/CNAME/MX/SRV/TXT … 「@」または「空白」入力可能
A/AAAA/CNAME … 「*」ワイルドカード入力可能

入力例:www / sub / * / @

TTL

レコードのキャッシュ有効期限(秒)を入力します。
長めに設定するとDNSサーバーに対する通信頻度を低減できます。サーバー移転直前などは切り替えを早くするために短く設定します。

指定可能範囲:60~86400

Value

各種別に合わせた値を入力します。

A … IPv4アドレス入力(入力例:13.115.58.34)
AAAA … IPv6アドレス入力(入力例:::ffff:d73:3a22)
ALIAS/CNAME/MX … ホスト名入力(入力例:rakko-example.com / mail.rakkoserver.com)
CAA … Tagがissue/issuewildの場合:認証局のドメイン名入力(入力例:ca.example.net)、Tagがiodefの場合:通知先入力(入力例:mailto:mail.rakkoserver.com)
TXT … テキスト入力(入力例:v=spf1 +a +mx +ip4:13.115.58.34 ~all)

Flag

クリティカルフラグを設定する場合は128を入力、それ以外の場合は0(ゼロ)を入力します。

指定可能範囲:0~255

Tag

Tagを選択し、証明書発行をおこなう認証局をValueで設定します。

選択対象:issue/issuewild/iodef

Priority

優先順位を入力します。値が小さいレコードほど優先されます。

指定可能範囲:0~65535

Service

入力要件:「_」アンダーバーから開始されていること。

Protocol

入力要件:「_」アンダーバーから開始されていること。

Weight

同一サービスに複数サーバーが指定されており、またPRIORITYが同一の場合はWEIGHTの値で負荷分散を実施します。
0の場合は負荷分散を行いません。

指定可能範囲:0~65535

Port

サービスで使用するポート番号を入力します。

指定可能範囲:0~65535