自動バックアップの復元方法(JetBackup5)

ラッコサーバーでは、無料の14日間自動バックアップ機能を提供しています。
以下の手順でバックアップを復元することにより、ファイル・データベース・データベースユーザー・メールアカウントの前日以前の状態を再現することができます。

手動バックアップ
お好きなタイミングで手動バックアップを行うこともできます。
大きな変更を行う際はバックアップを作成し、安全に作業を進めましょう。
MEMO
2022年4月7日から旧機能「JetBackup」から「JetBackup5」への移行が行われています。2022年4月7日以前のバックアップ復元方法につきましては下記をご参照ください。

ファイルの復元手順

1.サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

cPanelを初めて開く場合などは、「Choose a starting point」画面が表示されます。右上の×か、「スキップ」を押してください。

※「Explore Account」をクリックするとcPanel管理画面に遷移します(×、スキップと同様)。

※「Restore from backup」をクリックするとバックアップの復元操作画面に遷移します。

2. 「JetBackup 5」をクリック

cPanel管理画面内メニュー「ファイル」から、「JetBackup 5」をクリックします。

3. 「Home Directory」を選択

①左メニューの上から2番目「Restore & Download」をクリック

②「Home Directory」タブをクリック

4. ファイルを選択して復元

①復元したい日時をクリックして選択します。「Change Files Selection」で個別ファイルを選択しない場合は、全てのファイルが復元対象になります。

一部のファイルのみを復元したい場合は「Change Files Selection」をクリックし、対象フォルダにチェックを入れて「Select Files」をクリックします。

MEMO
隠しファイルを表示するには、画面右上の「Show Hidden Files」にチェックを入れます。

②「Restore」をクリックします

5. 復元を開始する

復元内容を確認し、問題なければ「Restore Selected Items」をクリックします。

MEMO
Restore Optionsの「Merge backup data with live account data」にチェックを入れた場合、追記形式で復元が行われます。

復元処理が開始されると、処理状況を確認できる「Queue」画面が表示されます。「Cancel All」左の更新マークで画面更新が行えます。

6. 復元完了

対象のキューのStatusに「Completed」と表示されたら、ファイルの復元は完了です。

データベースの復元手順

1. サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄歯車マークをクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

cPanelを初めて開く場合などは、「Choose a starting point」画面が表示されます。右上の×か、「スキップ」を押してください。

※「Explore Account」をクリックするとcPanel管理画面に遷移します(×、スキップと同様)。

※「Restore from backup」をクリックするとバックアップの復元操作画面に遷移します。

2. 「JetBackup 5」をクリック

cPanel管理画面内メニュー「ファイル」から、「JetBackup 5」をクリックします。

3. 「Databases」を選択

①左メニューの上から2番目「Restore & Download」をクリック

②「Databases」タブをクリック

4. データベースと日時を選択する

①復元したいデータベースをクリックして選択(複数選択可能)します。「Choose Other Backup」をクリックすると、復元したい日時を選択することができます。

②データベースと日時の選択が終わったら、「Restore」をクリックします。

5. 復元を開始する

復元内容を確認し、問題なければ「Restore Selected Items」をクリックします。

復元処理が開始されると、処理状況を確認できる「Queue」画面が表示されます。「Cancel All」左の更新マークで画面更新が行えます。

6. 復元完了

 

対象のキューのStatusに「Completed」と表示されたら、復元は完了です。

データベースユーザーの復元手順

1. サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄歯車マークをクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

cPanelを初めて開く場合などは、「Choose a starting point」画面が表示されます。右上の×か、「スキップ」を押してください。

※「Explore Account」をクリックするとcPanel管理画面に遷移します(×、スキップと同様)。

※「Restore from backup」をクリックするとバックアップの復元操作画面に遷移します。

2. 「JetBackup 5」をクリック

cPanel管理画面内メニュー「ファイル」から、「JetBackup 5」をクリックします。

3. 「Database Users」を選択

①左メニューの上から2番目「Restore & Download」をクリック

②「Database Users」タブをクリック

4.ユーザーと日時を選択する

①復元したいデータベースユーザーをクリックして選択(複数選択可能)します。「Choose Other Backup」をクリックすると、復元したい日時を選択することができます。

②ユーザーと日時の選択が終わったら、「Restore」をクリックします。

5. 復元を開始する

復元内容を確認し、問題なければ「Restore Selected Items」をクリックします。

復元処理が開始されると、処理状況を確認できる「Queue」画面が表示されます。「Cancel All」左の更新マークで画面更新が行えます。

6. 復元完了

対象のキューのStatusに「Completed」と表示されたら、復元は完了です。

メールアカウントの復元手順

1. サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄歯車マークをクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

cPanelを初めて開く場合などは、「Choose a starting point」画面が表示されます。右上の×か、「スキップ」を押してください。

※「Explore Account」をクリックするとcPanel管理画面に遷移します(×、スキップと同様)。

※「Restore from backup」をクリックするとバックアップの復元操作画面に遷移します。

2. 「JetBackup 5」をクリック

cPanel管理画面内メニュー「ファイル」から、「JetBackup 5」をクリックします。

3. 「Email Accounts」を選択

①左メニューの上から2番目「Restore & Download」をクリック

②「Email Accounts」タブをクリック

4.メールアカウントを選択する

①復元したいアカウントをクリックして選択(複数選択可能)します。「Choose Other Backup」をクリックすると、復元したい日時を選択することができます。

②アカウントと日時の選択が終わったら、「Restore」をクリックします。

5. 復元を開始する

復元内容を確認し、問題なければ「Restore Selected Items」をクリックします。

復元処理が開始されると、処理状況を確認できる「Queue」画面が表示されます。「Cancel All」左の更新マークで画面更新が行えます。

6. 復元完了

対象のキューのStatusに「Completed」と表示されたら、復元は完了です。

自動バックアップのダウンロード方法(JetBackup5) 自動バックアップのダウンロード方法(JetBackup5)