匿名で利用することはできますか?

取引完了後は相互に取引者情報(氏名・法人名・住所)が開示されます。
本情報は請求書発行に必要な情報であることや、万が一紛争が発生した際の当事者間でのやり取りに必要な情報として開示されます。

また、実名取引とすることで不正取引の発生を抑止しています。