500エラー(Internal Server Error)が発生する場合の対処方法

500エラー(Internal Server Error)の原因

WordPressなどで500(Internal Server Error)エラーが発生してサイトを表示できない場合、下記の原因が考えられます。

  • 使用中のPHPバージョンと互換性のないテーマ・プラグインを使用している
  • WordPressの構成ファイルが欠損している
  • WordPressが改ざんされている

500エラー(Internal Server Error)の対処方法

テーマ・プラグインの無効化またはバックアップ復元を行う

直前にテーマ・プラグインの追加・変更・バージョン更新(PHP本体含む)等を行った場合は、こちらが原因である可能性があります。

WordPress管理画面にログインできる場合は対象のテーマ等を無効化して原因を特定しましょう。

ログインできない場合は、自動バックアップによる復元もお試しください。

エラーログを確認する

何らかの原因でWordPressの構成ファイルが欠損しているとエラーが発生する場合がございます。

エラーログなどをご確認いただくと、原因の特定に繋がる可能性があります。

参考:エラーログの確認方法

(改ざんの可能性がある場合)バックアップ復元による復旧・ウイルススキャン等を行う

WordPressが改ざんされている場合、そのままのご利用は非常に危険です。自動バックアップによる復元などで復旧をお試しください。

または、cPanelによるウィルススキャンで悪意のあるファイル・プログラム等が設置されていないかご確認ください。

注意
ウイルススキャンで全ての悪意あるプログラムの検出・除外はできないため、お客様自身による目視確認も合わせて行うことを推奨します。

また復旧が難しい場合サーバーの初期化は行えませんため、新たにサイト構築される場合はドメイン設定の削除・アンインストール等を行って頂く必要がございます。

参考:サーバーをリセット(初期化)したいのですが可能ですか?