phpMyAdmin(データベース)の操作方法

phpMyAdminを使うことで、ブラウザ上からデータベースの操作を簡単に行うことができます。

STEP.1
phpMyAdminを選択

サーバー契約一覧から、対象サーバーの操作欄をクリック>「phpMyAdmin」をクリックします。

STEP.2
phpMyAdmin管理画面

phpMyAdmin管理画面が開きます。画面左側に作成済データベースの一覧が表示されます。データベース名をクリックすると、各テーブルを操作することができます。

WordPressで使っているデータベース
WordPressの自動インストールを行っていると、「サーバーアカウント名_wp{連番}」と言う形式でデータベースが自動作成されます。
対象のWordPressサイトがどのデータベースを参照しているかを特定したい場合は、対象サイトのwp-config.phpファイルの中を見て確認しましょう。

データベースのエクスポート手順

バックアップの取得

現在のデータベースはバックアップ(手動)画面から簡単にダウンロードすることができます。※一部テーブルのみといった部分的なエクスポートは下記手順で行ってください。

STEP.1
エクスポートを選択

①エクスポートしたいデータベースをクリック

②上部メニューの「エクスポート」をクリックします。

STEP.2
実行

必要に応じて各種設定を変更し、「実行」をクリックします(エクスポート方法:詳細を選択すると、特定のテーブルのみエクスポートするなどの設定が可能です)。

少し待つとデータのダウンロードが開始されます。

データベースのインポート手順

データベースの復元

データベースを丸ごとインポートする場合、バックアップ(手動)画面から簡単に復元することができます。

※一部テーブルのみといった部分的なインポート、または自動バックアップから取得したデータのインポートは下記手順で行ってください。

STEP.1
インポートを選択

①インポート先としたいデータベースをクリック

②上部メニューの「インポート」をクリックします。

STEP.2
実行

「ファイルを選択」から、インポートするデータベースファイルを選択します。

必要に応じて各種設定を行い、「実行」をクリックします。

STEP.3
インポート完了

画面の表示が出たら、インポートは完了です。