手動バックアップの取得・復元方法

ラッコサーバーでは無料の14日間自動バックアップ機能を提供していますが、お好きな時に手動でバックアップを取得することも可能です。
WordPressのメジャーアップデートなど、動作不良が起こる危険性のある作業をする前にバックアップを取得しておくと安心です。

バックアップ(手動)の取得方法

1. バックアップ(手動)を選択

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄をクリック>「バックアップ(手動)」をクリックします。

2. 部分バックアップから必要なバックアップを選択

画面下へスクロールし、「部分バックアップ」から各種ダウンロードを行います。

サイト構成ファイルのバックアップは「ホームディレクトリ」ボタンをクリック、データベースは対象データベース名をクリックするとダウンロードが開始されます。

これで手動バックアップの取得は完了です。

バックアップ(手動)の復元方法

ホームディレクトリの復元

1. バックアップ(手動)を選択

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄歯車マークをクリック>「バックアップ(手動)」をクリックします。

2. ファイルをアップロードする

部分バックアップ「ホームディレクトリのバックアップを復元」画面へスクロールします。

①「ファイルを選択」からバックアップファイル(tar.gz形式)を選択

②「アップロード」をクリック

3. 復元完了

画面の表示が出たら、ホームディレクトリの復元は完了です。

データベースの復元

1. バックアップ(手動)を選択

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄歯車マークをクリック>「バックアップ(手動)」をクリックします。

2. ファイルをアップロードする

部分バックアップ「MySQLデータベースバックアップを復元」画面へスクロールします。

①「ファイルを選択」からバックアップファイル(sql.gz形式)を選択

②「アップロード」をクリック

3. 復元完了

画面の表示が出たら、データベースの復元は完了です。

完全バックアップの取得方法

注意
「完全バックアップ」はcPanelアカウント情報を含む包括的なデータのバックアップです。アカウントを別のサーバー(cPanel利用)に移動する場合などに活用できます。

サイトのバックアップを手動取得したい場合は、復元が簡単な「部分バックアップ」のご利用をおすすめします。

1. 完全バックアップ

完全バックアップの「Download a Full Account Backup」をクリックします。

2. バックアップの生成

必要に応じてバックアップ先およびバックアップ完了時の通知先メールアドレスを変更し、「バックアップの生成」をクリックします。

ホームディレクトリ以外のバックアップ先には下記を指定できます。それぞれサーバー名、ユーザー名、パスワード、ポート番号、ディレクトリの入力が必要です。

  • リモートFTPサーバー
  • リモートFTPサーバー(パッシブモード転送)
  • Secure Copy(SCP)

3. バックアップ開始

完全バックアップが開始されます。

バックアップが完了すると上記件名のメールが指定アドレスへ届きますので、メールに記載されているURLをクリックしてください(cPanelへのログインが必要になる場合があります)。

件名
[初期ドメイン名] プライマリ ドメインが “初期ドメイン名” のアカウント “〇〇〇” の完全バックアップが完了しました。

4. バックアップのダウンロード

ダウンロード可能なバックアップに生成されたバックアップが表示されています。ファイル名をクリックするとダウンロードが開始されます。

これで完全バックアップの取得は完了です。