LiteSpeed Cacheの使い方(WordPress高速化)

ラッコサーバーではWordPressの高速化に役立つキャッシュプラグイン、LiteSpeed Cacheをご利用頂けます。この記事ではLiteSpeed Cacheの使い方について解説します。

LiteSpeed Cacheとは

LiteSpeed Cacheとは、LiteSpeed Webサーバーで利用できるキャッシュ機能(WordPressプラグイン)です。キャッシュを有効にすることにより、ページの読み込み時間を大幅に縮小・高速化することができます。急なアクセス増加にも簡単に対応。WEBサーバーと連携した強力なキャッシュ機能を是非ご活用ください!

LiteSpeed Cacheの有効化・無効化

STEP.1
サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー契約一覧から、対象サーバーの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

STEP.2
LiteSpeed Web Cache Managerを選択

cPanel管理画面の詳細>「LiteSpeed Web Cache Manager」をクリックします。

STEP.3
WordPress Cacheをクリック

LiteSpeed Cache Management>「WordPress Cache」をクリックします。

STEP.4
WordPressをスキャン

「Scan」を押して、インストールされているWordPressを探します。

STEP.5
LiteSpeed Cacheを有効化

LiteSpeed Cacheを有効にしたいWordPressサイトの行右端にある「Enable」をクリックします。

有効化するかどうかの確認ポップアップが表示されますので、「OK」をクリックします。

STEP.6
有効化完了

Cache Statusが「Enabled」に変わっていれば、有効化は完了です。WordPressにLiteSpeed Cacheプラグインが自動でインストール・有効化されています。

 

注意
LiteSpeed Cacheを有効化すると、.htaccessファイルとwp-config.phpにそれぞれ必要な設定が追加されます。.htaccessまたはwp-config.phpを編集する場合は内容を上書き・消去しないようにご注意ください。

.htaccessに追加される内容
# BEGIN LSCACHE
//この間の記述を消さないようにご注意ください(記述内容は省略しています)
# END NON_LSCACHE
wp-config.phpに追加される内容
define( 'WP_CACHE', true );

 

LiteSpeed Cacheを無効化する

LiteSpeed Cacheを無効化する場合は、メニュー右端の「Disable」をクリックしてください。確認のポップアップで「OK」を押すと、無効化が完了します。この操作を行うことで、WordPress上のLiteSpeed Cacheプラグインが無効化されます。

LiteSpeed Cache管理画面

LiteSpeed Cacheの各種設定はWordPress管理画面上で行います。ここでは管理画面の概要を説明します。より詳しい解説は公式ドキュメントをご参照ください。

ダッシュボード

WordPress管理画面ログイン>左メニューの「LiteSpeed Cache」をクリックすると、サイトの最適化状況をダッシュボードで確認することができます。(画面上部メニューのひし形マーク>「管理」をクリックでも可能)

一般

LiteSpeedCacheプラグイン全体に関わる一般設定を行えます。

キャッシュ設定

キャッシュに関する設定を行えます。

なお、キャッシュ機能は初期状態で有効になっています。(WordPress管理画面ログイン>左メニューの「LiteSpeed Cache」>「キャッシュ」で確認可能)

キャッシュ機能によりサイト表示に影響が出る(サイトのランダム表示要素が固定される、CSSが崩れる等)ことがありますので、無効化する場合はこちらをオフにしてください。※この場合キャッシュによる高速化効果は得られません。

STEP.1
開発モードを開く

ログインしていない状態でサイトを開き、サイト上で右クリック⇒「検証」をクリック(またはF12キーを押す)して開発モードを開きます。※GoogleChromeブラウザを利用

STEP.2
ページ更新

ページを更新(再読み込み)します。

STEP.3
ネットワークタブを確認

「ネットワーク」タブを開き、サイトのURLをクリックします。

レスポンスヘッダ―に下記の記載がある場合は、キャッシュはまだ配信されていませんがLiteSpeedがページを保存していることを表しており、次回以降のアクセスからはキャッシュが配信されます。

Response Header
X-LiteSpeed-Cache: miss
X-LiteSpeed-Cache-Control:public,max-age=1800
X-LiteSpeed-Tag:B1_F,B1_
STEP.4
ページを再リロードしてキャッシュを確認

再びページを再読み込みすると、下記のような表示に変わります。これはページのキャッシュが正しく配信されていることを表しています。

Response Header
X-LiteSpeed-Cache: hit

CDN

QUIC.cloud CDNに関する設定を行えます。※利用には一般設定でドメインキーの入力が必要です。

画像の最適化

画像の圧縮、WebP化など画像最適化に関する設定を行えます。※利用には一般設定でドメインキーの入力が必要です。

ページの最適化

HTML、CSS、Javascriptの圧縮・結合などページに関する最適化設定を行えます。※一部機能は一般設定からドメインキーの入力が必要です。

データベース

投稿リビジョンやゴミ箱内の投稿、コメントなど不要なデータの整理・最適化の設定を行えます。

クローラー

クローラー(ロボットが定期的にページを訪問し、キャッシュを保存しておく機能)の設定を行えます。

ツールボックス

キャッシュのパージ(消去)やLiteSpeed Cache設定のインポート・エクスポートなど、様々な高度な設定・機能を利用できます。

キャッシュの削除

WordPress管理画面にログイン後、画面上部にLiteSpeedのメニューが表示されます。「すべてをパージする」をクリックすると、キャッシュの削除が行われます。

STEP.1
Flush LSCacheを選択

LiteSpeed Web Cache Managerの画面から、Flush LSCache>「Flush All」を選択します。

注意
この方法では、LiteSpeed Cacheを有効化している全てのサイトのキャッシュを削除します。個別のサイトごとにキャッシュを削除したい場合は、WordPress管理画面から削除を行ってください。

 

キャッシュ削除の確認ポップアップが表示されますので、「OK」をクリックします。

STEP.2
キャッシュ削除完了

画面上部に「Cache Files Successfully Flushed」と表示されたら、キャッシュ削除は完了です。