ラッコM&Aとラッコマーケットの違いってなんですか?

同じサイト売買プラットフォームであるラッコM&Aラッコマーケットの違いについて以下の表にまとめています。
それぞれ異なるコンセプトのもとに開発されたプラットフォームなので、ご自身のニーズに合わせて使い分けをしましょう!

比較表

ラッコM&A ラッコマーケット
体験 高額取引もオンライン完結で安全に取引できる
幅広いオンラインビジネスの売買が行える
5秒でサイトを買える
5秒でサイトを売りに出せる(前提条件あり)
利用料(売却) 無料 成約金額の15%
利用料(購入) 成約金額の5%(または55,000円の高い方) 無料
本人確認 任意(推奨) 必須
SMS認証 任意(推奨) 必須
取り扱い案件 WEBサイト・EC・SNSアカウント・アプリ等を軸にしたオンラインビジネス WordPress構築のWEBメディア
掲載制限(ドメイン/サーバー管理) なし ラッコドメイン/ラッコサーバー必須(1サーバー契約1ドメイン管理)
掲載金額制限 なし 1万円~50万円
案件登録時の入力項目数 30以上(説明文記載箇所複数あり) 2件(URLと価格のみ)
掲載審査 あり なし(規約に反するサイトは後日取り下げ)
売却可能性が著しく低い案件の掲載 なし あり(低単価案件の取り扱いができるため)
掲載にかかる時間 1日以内(土日祝日を除く) 即時掲載
売却先 選べる 選べない
交渉 あり(売却先決定に至るまで複数名と並行) なし
契約書締結 あり なし(利用規約同意)
エスクロー あり なし(リアルタイム譲渡のため必要なし)
サイト移行・検収 あり なし(リアルタイム譲渡のため必要なし)
支払方法 銀行振込 カード決済・PayPal・銀行振込(ラッコポイント決済)
取引にかかるリードタイム(売却先決定後) 数日~1カ月(案件次第) なし(決済と同時に取引完了)
無料弁護士相談(契約書作成) あり なし(契約書作成がないため)
WEBサイトリアルタイム譲渡 利用可能(任意) 利用可能(対応案件のみ取り扱い)
サイト移行代行 あり なし(リアルタイム譲渡のため必要なし)
サイトを売るときどっちがいい? 高額取引もオンラインで安心かつ効率的に取引できるようシステム化されたサイト売買プラットフォームです。
以下のニーズをお持ちであればラッコM&Aをご利用ください。
・売却先を吟味したい
・魅力をしっかりアピールしたい
・50万円を超える金額で売却をしたい
・WordPress構築のWEBメディア以外のオンラインビジネスを売却したい
最大限手間なく取引できることに特化したサイト売買プラットフォームです。
以下のニーズをお持ちであればラッコマーケットをご利用ください。
・売却先にこだわらない
・早く手間なくサイトを売りたい
・取引相手とのやり取りをしたくない
・ラッコM&Aで掲載審査落ちする少額サイトを売りたい