Googleサーチコンソールドメイン認証方法

ラッコサーバーでは、Googleサーチコンソールにドメインプロパティを追加する際に必要となる所有者確認(DNS認証)を簡単に行える機能を提供しています。

この記事では、Googleサーチコンソールドメイン認証の手順を説明します。

MEMO
本機能はラッコサーバーのDNSを使用します。ドメイン名のネームサーバー情報が以下の内容であることをご確認ください。
ns1.rakko.zone / ns2.rakko.zone
注意
サブドメインでプロパティを設定する場合は、先に対象のサブドメインのAレコードを追加してください

参考:DNSレコードの設定方法

TXTレコードを追加

STEP.1
ドメイン管理/追加

サーバー管理画面から、対象ドメインを設定しているサーバーアカウントの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
Googleサーチコンソールドメイン認証

対象ドメインをクリック>「Googleサーチコンソールドメイン認証」をクリックします。

STEP.3
TXTレコードを入力

TXTレコード欄に、認証用に指定された文字列(google-site-verification=で始まる)を貼り付けて「ドメイン認証用のTXTレコード追加」をクリックします。

DNS認証用TXTレコードの取得

DNS認証用TXTレコードの取得方法は、下記をご参照ください。

STEP.4
設定完了

結果:〇と表示されたらTXTレコードの設定は完了です。Googleサーチコンソール側での確認に進んでください。

追加したTXTレコードを変更・削除する

設定したTXTレコードは編集できません。変更したい場合は、まず下記の手順で削除を行ってから再度レコードの追加を行ってください。

STEP.1
ドメイン管理/追加

サーバー管理画面から、対象ドメインを設定しているサーバーアカウントの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
DNS設定

対象ドメインの「DNS設定」をクリックします。

STEP.3
レコードを削除する

①削除したいレコードのごみ箱マークをクリックします。

②「DNSレコード変更」をクリックします。

STEP.4
削除完了

結果:〇と表示されたらTXTレコードの削除は完了です。

こちらの記事もおすすめ