WordPressを自動インストールする方法

設定済みのドメイン名にWordPressを自動インストールする手順をご案内いたします。

独自ドメインを追加する際に、合わせてWordPressを自動インストールすることもできます。

参考:独自ドメインの設定方法

STEP.1
ドメイン管理/追加をクリック

サーバー契約一覧画面から、対象サーバーの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
WordPressインストール

対象のドメインのWordPress欄「インストール」をクリックします。

 

インストール済みの場合

WordPressが既にインストールされている場合は、画面のような表示になります。

STEP.3
WordPressユーザー名・パスワードの設定

WordPress管理用のユーザー名・パスワードを入力し、「インストール」をクリックします。

MEMO
「強固なパスワードを生成する」をクリックすると、推測されづらいパスワードが自動生成されます。パスワードはクリップボードにコピーされますので、忘れないように保管してください。

インストールが開始されます。このまま1分程度お待ちください。

STEP.4
インストール完了

インストールが完了すると、WordPressURL、WordPress管理画面URL、ユーザー名、パスワードが表示されます。サイトURLは初期状態でSSL(https)化されています。

サイトURLや管理画面URLにアクセスし、設定したユーザー情報でログインできるか確認しましょう。

サーバー管理画面(cPanel®)にログイン


マイページ(サーバー契約一覧)の対象サーバーの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

メニューよりWordPressをクリック


cPanel管理画面のWEB APPLICATIONS>注目のアプリケーション内の「WordPress」をクリックします。

WordPressインストール・各種設定


「Instollatron」画面に遷移します。「このアプリケーションをインストール」ボタンをクリックし、各種設定に移ります。

STEP.1
ロケーション

ドメイン WordPressをインストールしたいドメインを選択します。
ディレクトリ URLを「http(s)://ドメイン名/」としたい場合空欄にします。初期設定では「/blog/」にインストールされてしまいます。
MEMO
選択するドメインがSSL化されていない場合、「https://~」が選択できません。
SSL化が済んでいない場合は無料独自SSLのご利用方法(SSL証明書認証処理の起動方法)を参照ください。
WordPressインストール後にSSL化することもできます。
STEP.2
バージョン
初期設定から変えたい部分があれば適宜変更します。
特殊な事情が無い限りは操作する必要はありません。
STEP.3
設定

管理者ユーザー名 WordPressユーザー名が生成されます。一度決めると変更できないため、任意のユーザー名にしておきましょう。
管理者パスワード WordPressパスワードが生成されます。ここでは隠されているため、「Show Password」ボタンで確認し、保管しておきましょう。
管理者の電子メール 受信確認できるメールアドレスを記入します。
ウェブサイトのタイトル タイトルを記入します。後ほどWordPressの管理画面で変更可能です。
ウェブサイトのタグライン キャッチコピーです。後ほどWordPressの管理画面で変更可能です。
STEP.4
高度な設定

下記項目を自分で設定したい方は、「私は、これらの設定を管理できます。」にチェックを入れると設定が変更できます。
ラッコサーバーでは14日間の自動バックアップが標準搭載されているため、バックアッププラグインなどは動作させない方がWordPressを高速で運用できます。

設定内容
  • データベース管理
  • 電子メール通知
  • デフォルトのバックアップ場所
  • 自動バックアップ
STEP.4
WordPressインストール

「インストール」をクリックするとインストールが開始されます。

確認


インストールが完了すると、「Instollatron」画面に追加されます。
URL「ドメイン名/wp-admin/」をクリックするとダッシュボードにログイン可能です。

インストールしたWordPressサイトは、サーバー管理画面(cPanel®)のWEB APPLICATIONS>マイアプリケーションより管理できます。