WordPressを複製(コピー)する方法

ラッコサーバーでは、同サーバーアカウントでインストール済みのWordPressを複製(コピー)することができます。

WordPressをインストールして一から各種設定する必要がないため、複数のサイトをまとめて作成したいときに便利です!
予め初期設定を行ったWordPressを用意しておき、テンプレートとして使うのもおすすめ!

ドメインを追加してWordPressをインストールする

1. ドメインを新規追加

STEP.1
ドメイン管理/追加をクリック

サーバー管理画面から、対象サーバーの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
ドメイン追加

「ドメインを追加」をクリックします。

ドメインを追加し、「次へ」をクリックします。

2. WordPressインストール・複製

STEP.1
WordPressインストール

WordPress自動インストール「インストールする」、インストールタイプ「複製」をそれぞれ選択します。

複製元は、同サーバーアカウント内の複製したいWordPressドメイン名を選択します。

全て終わったら「追加」をクリックします。

セットアップが開始されます。このまま3分程度お待ちください。

STEP.2
インストール完了

セットアップが完了すると、WordPressURL、WordPress管理画面URL、複製元WordPressが表示されます。

3. ネームサーバーについて

ドメインとサーバーを紐付けるため、ドメイン管理業者の管理画面でネームサーバー情報を以下の内容に変更してください。

ラッコサーバーのネームサーバー情報
ns1.rakko.zone
ns2.rakko.zone

ネームサーバーを変更後、SSLへの切り替えには無料独自SSLのご利用方法をご確認ください。

サイトURLや管理画面URLにアクセスし、設定したユーザー情報でログインできるか確認しましょう。

追加済みドメインにWordPressをインストールする

1. ドメイン管理からWordPressインストール

STEP.1
ドメイン管理/追加をクリック


サーバー管理画面から、対象サーバーの「ドメイン管理/追加」をクリックします。

STEP.2
WordPressインストール

対象のドメインのWordPress欄「インストール」をクリックします。

2. WordPress複製

STEP.1
Wordpress複製


タイプ「複製」を選択し、複製元は同サーバーアカウント内の複製したいWordPressドメイン名を選択します。

「インストール」をクリックします。

セットアップが開始されます。このまま1分程度お待ちください。

STEP.2
インストール完了

セットアップが完了すると、WordPressURL、WordPress管理画面URL、複製元WordPressが表示されます。

【おすすめ活用方法】初期サブドメインにテンプレートを作っておこう!

初期サブドメイン(例:xxx.rakkoserver.net)配下のサブドメインに基本設定を行ったWordPressを作成しておくと、新規にWordpressを作成する際にテンプレートとして使えるためとても便利です。

初期サブドメイン配下のサブドメインは管理上わかりやすい名前がおすすめです!(例:wp_template.xxx.rakkoserver.net)

参考リンク:サブドメイン作成方法