データベース(MySQL)の操作方法(作成・削除・変更・ユーザー追加・チェック修復)

この記事では、MySQL®データベースをcPanel上で操作(データベースの作成・削除・変更・ユーザー追加・修復)する手順を解説します。

作成済みデータベースのテーブルを操作する場合は下記をご参照ください。

MySQL®データベースの管理画面を開く

STEP.1
cPanelを開く

サーバー管理画面から、対象サーバーアカウントの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

STEP.2
cPanelメニュー

cPanelメニュー「データベース」>「MySQL®データベース」をクリックします。

STEP.3
MySQL®データベース画面

以後、データベースへの操作はこの画面から行います。

新しいデータベースの作成

STEP.1
新しいデータベース名を入力

MySQL®データベース画面を開き、「新しいデータベースの作成」からデータベースの作成を行います。

任意の文字列を入力し、「データベースの作成」をクリックします。

データベースの命名規則
作成されるデータベース名は「サーバーアカウント_任意の文字列」の形になります。

例:サーバーアカウント「abcdef00000」、文字列を「sample」にした場合

データベース名:abcdef00000_sample

STEP.2
作成完了

画面の表示が出たらデータベースの作成は完了です。

「戻る」を押してMySQL®データベース画面に戻ります。

STEP.3
作成したデータベースを確認

作成されたデータベースは、MySQL®データベース画面「現在のデータベース」から確認することができます。

ユーザーの作成・管理(パスワード変更・名前の変更・削除)

STEP.1
新しいユーザーの追加

MySQL®データベース画面を開き、「新しいユーザーの追加」からユーザー追加を行います。

ユーザー名、パスワードを入力して「ユーザーの作成」をクリックします。

強力なパスワードを生成する

「パスワード生成ツール」をクリックすると、強力なパスワードを自動生成することができます。

詳細オプションからパスワードの生成ルールを指定することも可能です。

パスワードを控えてから「このパスワードを安全な場所にコピーしました。」にチェックを入れ、「パスワードの使用」をクリックすると生成したパスワードがフォームに自動反映されます。

STEP.2
作成完了

画面のような表示になったら、ユーザー作成は完了です。

STEP.3
ユーザーの管理

作成したユーザーはMySQL®データベース「現在のユーザー」から管理(パスワードの変更・名前の変更・ユーザーの削除)することができます。

ユーザーをデータベースに追加

STEP.1
追加するユーザーとデータベースを選択

MySQL®データベース画面の「ユーザーをデータベースに追加」から、データベースを操作できるユーザーを追加します。

追加するユーザーと、追加先のデータベースを選択して「追加」をクリックします。

STEP.2
ユーザー権限設定

ユーザーの操作権限を設定します。権限を付与する操作にチェックを入れてください。

設定が終わったら「変更」をクリックします。チェックを初期状態に戻す場合は「リセット」を押してください。

画面のような表示が出たらユーザー権限設定・データベースへの追加は完了です。

STEP.3
データベース操作権限を持つユーザーの管理

データベースに追加したユーザーはMySQL®データベース画面「現在のデータベース」より確認・削除が可能です。

ユーザーを削除する場合はユーザー名横のごみ箱をクリックします。

データベースの一覧・管理(名前変更・削除)

MySQL®データベース画面の「現在のデータベース」でデータベースの一覧・管理(名前の変更)が可能です。

STEP.1
名前の変更をクリック

操作を行いたいデータベースのアクション欄で「名前の変更」をクリックします。

STEP.2
変更後の名前を入力

新しいデータベース名を入力します。

MEMO
「このデータベースをバックアップ」をクリックすると、バックアップファイル(.gz形式)がダウンロードされます。ダウンロードしたデータを復元するには、phpMyAdminからデータベースのインポートを行ってください。

変更して問題なければ「続行」をクリックします。

STEP.3
変更完了

変更が完了すると、データベース一覧画面に戻ります。

名前が正しく反映されているか確認してください。

STEP.1
データベースの削除をクリック

削除したいデータベースのアクション欄「削除」をクリックします。

STEP.2
削除確認

データベース名を確認し、問題なければ「データベースの削除」を行います。

STEP.3
削除完了

画面の表示になったら、データベースの削除は完了です。

データベースのエラーチェック・復元

データベースのエラーチェック

STEP.1
データベースを選択する

MySQL®データベース画面を開き、「データベースの変更」からエラーチェックを行います。

プルダウンメニューから対象データベースを選択し、「データベースの確認」をクリックします。

STEP.2
チェック完了

エラーチェックが開始され、問題なく動作している場合は「確認が完了しました」と表示されます。

データに問題がある場合は、破損しているテーブルの名前が表示されます。

データベースの修復

STEP.1
データベースを選択する

MySQL®データベース画面「データベースの変更」から、破損したデータベースの修復を試みることができます。

プルダウンメニューから対象データベースを選択し、「データベースの修復」をクリックします。

STEP.2
修復完了

データベースが修復できた場合は、「修復が完了しました!」の表示が出ます。

修復ができなかった場合、壊れたデータソースの特定を試みます。

または必要に応じて自動バックアップの復元をお試しください。