エラーページの設定・編集方法

サイト上に存在しないページへアクセスした際に表示されるエラーページ(404エラーなど)は、独自の内容に変更することができます。

この記事では、エラーページの設定・編集方法を解説します。

1. サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー管理から、対象サーバーの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

2. 「エラーページ」をクリック

cPanelメニュー「詳細」>「エラーページ」をクリックします。

3. ドメインとページを選択

手順1で対象ドメインを選択し、手順2から編集するエラーページをクリックします。

「すべてのHTTPエラーステータスコードの表示」タブをクリックすると、上記以外のエラーページも編集することができます。

4. HTMLを記載

ページのHTMLを記載し、画面下の「保存」をクリックします。

注意
WordPressなどの独自のエラー表示機能やプラグインを利用している場合には、ここで設定した内容が反映されない可能性があります。

5. 保存完了

「ファイル”400.shtml”が保存されました。」のように表示されたら、保存は完了です。