PHPバージョンの確認・変更方法

WordPressなどで利用されているPHPバージョンはサーバー管理画面(cPanel®)から確認・変更することができます。
WordPressのアップデートに対応するために上位のPHPに変更したり、逆に旧バージョンのWordPressをインストールするために古いPHPに変更したりと言った利用ができます。

注意
PHPバージョンを変更すると、サイト挙動に不具合が生じる場合があります。問題があった場合にすぐに戻せるよう、変更前のPHPバージョンを確認したうえで変更することを推奨いたします。不安な場合はバックアップを取っておくこともおすすめです。
STEP.1
サーバー管理画面(cPanel®)ログイン

サーバー契約一覧から、対象サーバーの操作欄をクリック>「サーバー管理画面(cPanel®)」をクリックします。

STEP.2
MultiPHP マネージャーを選択

cPanel管理画面のソフトウェア>「MultiPHP マネージャー」をクリックします。

STEP.3
ドメインごとのPHPバージョンを確認する

「ドメインごとにPHPバージョンを設定する」から、適用中のPHPバージョンを確認することができます。

MEMO
初期設定では、システム既定のPHPバージョンが適用されています。システム規定のPHPバージョン自体は変更することができません。
STEP.4
PHPバージョンを変更する

PHPバージョンを変更するには下記の手順で行います。

①対象ドメインにチェックを入れる

②PHPバージョンを選択する

③適用ボタンをクリック

注意
PHP 5.4、PHP 5.5、PHP 5.6、PHP 7.0、PHP 7.1、PHP7.2は非推奨です。サポートされているバージョンのPHPに更新することをお勧めします。詳細については、PHPのドキュメントを参照してください。
STEP.5
バージョン適用完了

画像の表示が出たら、PHPバージョンの適用は完了です。変更後は、サイトの挙動に問題が無いか動作確認を行いましょう。